知識

初詣で神社に参拝するときのマナーまとめ|正しい願い事の仕方とは?

新しい一年の始まりに神社やお寺にお参りする初詣。

毎年、多くの人が初詣に行くと思いますが
「なんとなく」参拝していませんか?

 
神社への参拝の作法には、きちんと意味があるのです。

初詣は日本に古くから伝わる伝統行事。

 
知らずに恥をかかないよう、作法や意味を覚えて挑みたいですよね。

 
この記事では、神社で初詣をするときに覚えておきたいマナーについて紹介します。

有名神社に行く前に、地元の神社へ参拝しよう

 
新しい一年が始まってすぐの最初の参拝。

ついつい有名な神社に行きたくなりますが、初詣は本来住んでいる場所の守り神や菩提寺への新年のご挨拶。

まずは地元の氏神様や菩提寺を訪れるようにしましょう。

生まれた土地の神社のことを産土神社うぶすなじんじゃと呼び、産土神はその土地の人間を生まれる前から死んだあとまで守護する神様だとされています。

 
初詣の回数は決まっていないので、地元の神社へ参拝したあとに他の神社へ行きましょう。

初詣に行く時間帯に決まりはない

 
古来の風習に則るのであれば、大晦日に元旦に雑煮を食べて初詣に行きますが

近年は混雑を避けるために、あえて日にちや時間をズラす傾向にあります。

えみ
えみ
わたしも子どもが産まれてからは、タイミングを見計らっての参拝です!

 
ちなみに大晦日の夜から朝にかけてお参りすることを「二年参り」と呼び、より功徳が積めると言われています。

初詣は神様へのご挨拶なので、きちんとした服装を心がける

 
参拝の服装について特に決まりはありません。

しかし神様への挨拶に行くわけですから、あまりにもだらしない格好は避け、

ある程度きちんとした服装を心がけるようにしたほうが良いでしょう。

初詣は歳神様のいるうちに!


 
初詣に行くのはできれば元旦、それが無理なら三が日中が良いとされていますが、

最近では歳神様のいらっしゃる「松の内」に行けばOKともされています。

松の内というのは門松や注連縄などの正月飾りを飾る期間のこと。

 
お正月を逃した人は、松の内の間に行って歳神様に一年の無事を祈りましょう。
 

松の内の期間は、一般的に7日まで。
古い習慣では15日までが松の内です。

 
関東では7日に飾りを仕舞いますが、関西や地方では15日に外すところも多いようです。

旧年に身内が亡くなった場合、故人が亡くなって50日は参拝を避ける

 
寺院の場合は気にしなくて大丈夫ですが、

神社への参拝は故人が亡くなってから忌中が明ける50日以降に行きます。

 
しかし50日を過ぎても喪中期間なので注連飾りや、年賀状、おせちなどの祝い事は避けるようにしましょう。

神社へ参拝するときの手順

鳥居をくぐるときは服装を整えて一礼

 
鳥居は外界と聖域の境界線を表します。

立ち入る前に服装を整え、鳥居の前で軽く一礼し、神様に挨拶しましょう。

注意!

鳥居の真ん中は「正中」と呼ばれ、神様の通り道とされているので基本的に歩きません。

 
鳥居をくぐったあとは、左右のどちらかに寄って歩きましょう。

参道も真ん中は歩かない

 
鳥居と同じく、真ん中は歩きません。
左右どちらかに寄ります。

手水舎で心を清める


 
手水舎の水盤には大抵『心洗』と文字が刻まれています。

これは、両手と口を清めることで心(魂)を清めますという意味なんだとか。

 
手水舎での清めかたは、いっけん難しそうに見えますが、実はそうでもないんです。

覚えかたとしては

左から右、触ったところは清める

ということを頭に入れて手順を確認してみてください。

1.左手を清める

 
右手に柄杓を持ち、まず左手を清めます。

これは神道では左が神聖なものと考えられているからだそうです。

2.右手を清める

 
柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。

3.左手に溜めた水で口を清める

 
再び柄杓を右手に持ち替え、左手に水をためて口をすすぎます。

間違っても柄杓に直接口をつけてはいけません。

4.もう一度、左手を清める

 
口をつけたので、もう一度左手を洗い清めます。
柄杓に残った水は捨てないでくださいね。

立てて清める

 
両手で柄杓をたてて、残った水で柄の部分を清めます。

最後は伏せて元の位置に戻しましょう。

・・以上です!

左→右→左で口を清めて→口をつけた左を清めなおして→触った柄を清める

覚えかたさえ知ってれば、そこまで難しくないでしょう?

お賽銭をいれる


初詣に行くと、お賽銭箱にお賽銭をいれてお祈りすると思うのですがお賽銭って何のためのものか知っていますか?

 
「金額が高ければ高いほど、願いを聞いてくれる」と思ってる人もいるのではないでしょうか。

お賽銭は願いを聞いてもらうための祈り賃ではありません。

 
お賽銭は日々の感謝の気持ちを込めた神様への供物であり、

これは昔白い紙に包んだ米を『おひねり』として供えていた頃の名残だと言われています。

 
大事なものをささげることは私欲があるとできないので、賽銭することで心の靄を払う意味があります。

投げ入れたりせず、そっとお賽銭箱にお金をいれましょう。

 
お賽銭の金額としてベストなのは供えたいと思った金額を供えることです。

金額よりも見返りを求めない心で賽銭することが大切だそうなので、気張らずに縁起のいい額を入れておきましょう。

 
そうは言われても、縁起のいい金額っていくら?と思いますよね。

わたしも思ったので調べてみました!気になるかたはこちらもどうぞ。

縁起がいいお賽銭の金額はいくら?【答えは語呂にあった!】毎年参拝する初詣ですが、縁起のいいお賽銭っていくらだろう?と思ったことはありませんか?どうせ参拝するなら、縁起のいい金額を賽銭したいですよね。この記事では縁起のいい金額と避けたほうがいい金額を紹介しています。...

 
お賽銭は神様への感謝の気持ちとはいえ、願い事をしてはいけないわけではありません。

 
名前と住所を述べ所在を明らかにして神様に感謝・報告をしたあと、願い事をひとつするのが正しい作法です。

鈴を鳴らす

 
拝殿にある鈴は音で邪気を祓い、神を呼ぶとされています。

絶対鳴らさなくてはいけないわけではありませんが

鈴の音を神に奉納する意味もあるので、できる限り鳴らすようにしましょう。

参拝の基本は二拝二拍手一拝


 
参拝には一般参拝正式参拝がありますが、

今回は一般参拝の作法のみを紹介します。

正式参拝ってなに?

七五三など、神主直々に祝詞をあげてもらうアレです。
よく団体での光景を見かけますが、個人でも可能。昇殿参拝とも言います。

 
初詣は寒いので帽子などを着用していると思いますが、拝殿前では脱帽してくださいね。

また、大抵の神社はこの二拝二拍手一拝ですが神社によっては独自の参拝方法を設けている場所もあります。

その場合はそちらに従ってください。

1.お辞儀を二回

 
まず、90度に腰を曲げながら深く頭をさげる拝礼を2回します。

2.拍手を二回

 
つぎに手を肩幅に開き、胸の高さで2回拍手。

このとき右手を少しだけ上にズラしておくのがポイントです。

 
たまに、最初からきっちりと揃えて拍手している人を見かけますがコレは間違い。
 

手をズラすのは神と人がまだ一体になってないことを表し、拍手をうつことで神を招き、掌を合わせることで神と人が一体になる・・という意味がきちんとあるそうです。

拍手は鈴と同じく邪気を祓い、神を呼び出すものとされていて「かわしで」とも言います。

拍手を打ったあとは、指先をきちんと揃えて祈祷します。

ここが報告と願い事をするタイミングです。

3.最後に一拝

 
手をおろして再び90度に腰を曲げ、

深く頭を下げて拝殿前から下がりましょう。

神社を去るとき

 
鳥居を出るときは左足から出します。

これは「また来ます」という意味なんだそうです。

鳥居をくぐったあとは、神様のほうに向き直り軽くお辞儀をして終わりです。

まとめ

 
神社での参拝の作法についてまとめましたが、意外と知らなかったマナーもあったのではないでしょうか。

 
しかし日本古来の風習とはいえ、時代の流れとともに少しずつ初詣も変化してきているので

「完璧にやらなくちゃ!」と気負いしすぎる必要はないと思います。

 
感謝の気持ちさえしっかりと持ち合わせていれば、多少作法が間違っていたとしても神様は怒らないんじゃないですかね。

 
・・・多分!(笑)

とはいえ知って損することはないので、覚えられる限り覚えておくと役に立つと思いますよ。

ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!