育児グッズ

【ランシノーの使い方】乳首が痛いときの塗り薬。保湿やケアにも!何でもなめる赤ちゃんも安心

産まれたての赤ちゃんが母乳を吸う力って、ふにゃふにゃとした見た目とは裏腹に強いですよね。

特に、まだ授乳に慣れていない産後すぐのお母さんは、強く吸われすぎて乳首に血マメができたり、裂けてしまうことも…
 

実際にわたしも産後3日目で血豆ができ、乳首が裂けました。

授乳するたびに激痛がはしるので2時間ごとの頻回授乳がいやでいやで仕方なかったです。
 

えみ
えみ
引っ張られるわ、染みるわで本当に痛かった…

 
そこで助産師さんに相談したところ、オススメされたのがランシノーという塗り薬。

乳首にサッと塗るだけで保湿・ケアの役割を果たしてくれます。

新米ママ
新米ママ
授乳のときはどうするの?赤ちゃんがなめても大丈夫?
えみ
えみ
授乳のたびに拭く必要はありません。そのままくわえさせて大丈夫です!

 

この記事で紹介するランシノーは”ラノリン”という赤ちゃんの口に入っても大丈夫な成分で出来ているので安心して乳頭ケアに使えます。
 

この記事を読んでわかること

・ランシノーの使い方
・実際に使ってみて感じた使用感
・ラノリンの正体は?
・ラノリンの口コミ・評価

ランシノーってどんな薬?

まずはランシノーがどんな薬なのか、基本的な情報を紹介します。

商品の基本情報

商品名Lansinoh(ランシノー)
製造カネソン
内容量10g(10g×2本タイプもあり)
成分ラノリン100%

 
ランシノーは、カネソンという会社が販売している商品です。

カネソンは明治43年(1910年)に柳瀬和市商店として創業し、当時から国内で育児関連商品を販売してきた信頼のおける企業

注意
現在は”柳瀬ワイチ株式会社”に企業名を変更しています。

ランシノーの使用期限

 
ランシノーの使用期限は、1年を目安に使って下さいと公式サイトに書いてあります。

授乳期間はとくに薬が赤ちゃんの口に入ることになるので、使用期限は守って使用しましょう。

ランシノーの使い方

 
ランシノーの使い方は、いたってシンプル!

  • STEP01
    指を清潔にする
    手を洗う・アルコール除菌するなどして指を清潔に。
  • STEP02
    ランシノーをしぼる
    清潔にした指の上にランシノーを適量取り出す。
  • STEP02
    ランシノーを乳首の痛いところに塗る
    血豆になったり、裂けたり乾燥した部分にやさしくのばす。

 
これだけです!

わたしは授乳後、少し多めに取りふたをする感じで塗ってケアしてました。

ランシノーを使うメリット

 
ランシノーを使うメリットとして感じたのは、

  • 伸びが良い
  • 薬が良い感じにもったりしているから保護感がある
  • 母乳で落ちない
  • 赤ちゃんの口に入れても大丈夫

 

という点です。1つづつ詳しく説明していきます。

 
この記事にたどり着いたママさんは、現在進行形で乳首が痛い人だと思います。

そんなとき乳首に塗る薬が固くてのびが悪いと、何度ものばしたり重ね塗りする必要があり、ケアするたびに苦痛です。
 

えみ
えみ
痛みを取り除くためにケアしたいのに、ケアするために痛みに耐えなきゃいけないって意味がわからない!

 
その点、ランシノーはとろっとした優しい塗り心地でのびもいいので、ストレスなくケアできます♪
 

 

ランシノーはのびが良いのに、サラサラというよりもったりとしています。

塗って染みこませるタイプの薬ではなくて、上から包み込むイメージが近いかもしれません。

だから保護されてる感じがすごいです。
 

またランシノーには水をはじく性質があるので、赤ちゃんの唾液や母乳で濡れても乾いてパリパリになりません。

母乳で落ちる心配がないため、こまめに塗り直す手間いらず。

少しでも患部を刺激する回数は減らしたいので、ここもかなりポイント高いです!
 

ちなみに、今回は乳首ケアとして紹介していますが、ランシノーはお肌の保湿ケアなどにも使用できます。

赤ちゃんの乾燥しやすい肌に薄くのばしてあげるだけでも効果的ですよ!
 

えみ
えみ
我が家では水分をはじく性質を利用して、赤ちゃんの首元に溜まりやすいミルクの吐きこぼし対策としても使ってます♪

 

そして1番嬉しいのが赤ちゃんのお口に入れても大丈夫な成分でできているので、安心して使えるということですね。
 

わたしも実際に授乳するときは特に拭いたりせず、そのままくわえさせていましたが赤ちゃんが嫌がる様子もありませんでした。

やっぱり一番痛みを感じるのは授乳のときなので、塗ったまま授乳できるのは非常にありがたいです。

ランシノーの使用感

 
ランシノーの使用感は、先ほども書きましたが薬がトロッとしてます。

寒い環境だと、少し固めのテクスチャに変化。のびは変わらず良好です。

 
例えるなら、ゆるめのワセリンに近いイメージでしょうか。

つけ心地はこってりとした感じ。

伸びが良いので指先で軽くなでるだけでスーッとのびてくれて、傷口への刺激が最小限で済むのが何よりありがたいです。

 
匂いもほぼ無臭。
 
さすがに鼻元まで持っていって嗅ぐと、微かに脂っぽい匂いがしますが性質上これは仕方ないですね。
 

「赤ちゃんの口に入っても大丈夫」と助産師さんにも言われましたが、念のために肌につけて舐めてみたところ

しっかり皮膚に吸着しているようで口の中に薬がにじんだりする感覚もなく、舌触りもつるっとしていて無味でした。
 

ランシノーの主成分「ラノリン」とは


 
ランシノーの成分表に書かれている“ラノリン”とは、

羊毛に付着している脂肪様の分泌物で、皮膚を軟化させる作用を持つ天然物質を精製して作られる

白色〜黄色褐色のクリーム状の原料のこと。

精製度が高いほど白くなります。

 
皮膚に対してしっかりくっつき、よく馴染んで保湿性にも優れていることや水分に強いことで

化粧品や軟膏など、多くの製品に利用されています。
 

ランシノーの評価・口コミは?

最後に気になるのは、ランシノーの評価や口コミだと思います。

良い評価、悪い評価どちらも探してみたので参考にどうぞ。

良い評価・口コミ


 
ランシノーは必需品!って声が多く見られました。

何度もリピート買いしてるママさんも多いみたいです。

悪い評価・口コミ

 
次に悪い評価と口コミを探してみました。


 
匂いがダメという声がほとんどでした。

確かに独特な匂いはするので、苦手な人は苦手かもしれません。

ですが基本的に乳首に塗る&大量に塗るわけじゃないので、個人的には匂いが気になったことはないです。

まとめ:乳首ケアにはランシノーがオススメ!

わたしは血マメになったことがきっかけでランシノーを知りましたが、出産前の乳首ケアの段階から使えたらもっと良かったな〜と思います。
 

えみ
えみ
そしたら痛い思いしなかったかもしれない…

 
わたしがいつも買うのは10gのタイプ。

手のひらにすっぽり収まるサイズなので、持ち運びする際もかさばりません。

ランシノー1本あれば保湿・保護などいろんな用途に使えて、のびが良いので1度に使う量も少量で済み、見た目のコンパクトさのわりに長持ちします。

ちなみにカネソン公式サイトに書かれている販売価格は、ランシノー10g 1本で1000円です。

楽天やAmazonなどの通販サイトだと2本で1500円程度で買えるので、通販での購入をおすすめします。

 
ランシノーは今現在、授乳の痛みに悩んでるかたには勿論おすすめしたいですし

これから出産を控えてるかたにもぜひ一度使ってみてほしい商品です♪

ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!