知識

【世界一受けたい授業】家にあるもので簡単・大掃除アイテムまとめ

今年も大掃除の時期がやってきましたね。

新年を気持ちよく迎えるためとはいえ、家中の大掃除をするのは時間も手間もかかって大変です。

そこで今回の記事では、世界一受けたい授業で紹介された今からでも間に合う簡単な大掃除テクニックをまとめました!

フローリングワイパーを前後に動かすのはNG

 
ついついやってしまいがちですが、フローリングワイパーのドライバーを前後に動かすと目に見えない埃が飛び散ってしまい、掃除した意味がなくなってしまいます。

フローリングワイパーを使った掃除はゆっくり前に滑らせるのが正解です!

窓のサッシの掃除にはスポンジを使う

 
掃除をしていて、つい忘れがちなのが窓のさっし。

しかし、いざ掃除しようとするとデコボコしていてやりにくいですよね。

そんな窓のさっしのお掃除は、スポンジを使うと簡単にお手入れできちゃうんです!

掃除の仕方も簡単。
スポンジの柔らかいめんに、縦3列・横4列ほど切り込みを入れてマンゴーカット状にします。

↓マンゴーカットというのは、こんなのです。
マンゴーカットされたマンゴー
 
あとはスポンジの切れ込みをデコボコ部分に合わせて滑らせるだけで、汚れが簡単に取れちゃいますよ。

洗濯機のゴムパッキンの埃の取り方

 
見落としがちなゴムパッキンの埃。
忘れたまま放置していると、埃がどんどん溜まり黒カビが発生する原因に。

しかし、いざ掃除しようとするとやりにくくてストレス…なんて経験もあるのでは?

このゴムパッキンに溜まった埃を簡単にお掃除するには、軍手を使います。

掃除方法も、ゴム手袋をつけた上から軍手をはめ、ただ溝に沿って埃をとっていくだけ。

えみ
えみ
指先を使ってお掃除できるのでとってもやりやすいですよ

 
軍手を使ったお掃除法はもう一つあります。

それは、照明などの上に溜まった埃のお掃除。

掃除がしたくてもほこりが舞ってしまうことが気になって、なかなか手が出せなかったりしますよね。

そこで軍手の出番です。

片手にアルコール除菌液をつけて拭き掃除したあと、もう片方の乾いてる軍手で乾拭きすれば埃を舞わせず簡単にお手入れできちゃいます。

キッチンの水切りかごのぬめり・臭いを最小限に抑えてお掃除

 
キッチンの水切りかごは臭いやヌメリが気になって、極力触りたくない!というのが本音ですよね。

基本的な掃除の仕方は

  1. ブラシなどで軽く汚れを取る
  2. 漂白洗剤をふりかける
  3. スポンジ等で磨く

 
といった流れになると思いますが、スポンジで磨きながら漂ってくる臭いやヌメリ・・

嫌ですよね。

そこで、その臭いやヌメリを極力味わわずに水切りかごを綺麗にするテクニックが

漂白剤をふりかけたあと、そのまま袋に放り込んで水を入れ、水が飛び散らないように注意しながら上下にシェイク!
 

その後15分ほど放置して取り出すと・・

見事にピカピカになっています。袋を使うことで臭いをシャットアウトできるので、ありがたいですね!

風呂場の黒カビはラップで退治!

 
お風呂場の黒カビ掃除をするとき、カビ取り洗剤を吹きかけた後ブラシでこすっていませんか?

それ・・

黒カビが余計に奥へと侵入してしまう原因なんです!

 
正しい黒カビの取り方は、カビ取り洗剤を吹きかけたあと隙間を作らないようにラップをします。

隙間を作らないというのがポイントで、実は黒カビって空気に触れていると死滅しないんです。

だから確実に黒カビをやっつけるためにも、隙間を作らないようにピッタリと密着させてくださいね。
 

メリーさん
メリーさん
文字15分くらい放置したら洗い流そう

 

黒カビといえば、お風呂の壁だけでなくドアのさんにも発生しがちですが

ドアのさんの黒カビ退治のやり方は、掃除する部分をキッチンペーパーで隙間なくおおってからカビ取り洗剤をふきかけ、その上からラップをかけて最後に水拭きをして完成です。

シャワーヘッドの水垢掃除には酢

 
普段、あまり見ることのないシャワーヘッドの穴の部分をよーく見ると白い汚れがついてたりしませんか?

あの白い汚れは水垢で、そのまま放置していると水がまっすく飛ばなくなったりと困ったことに。

 
その困った水垢を簡単に落としてくれるのが、お酢です。

水垢はアルカリ性なので、お酢の酸性で中和することで簡単に中和して落とせるんですよ。

お風呂の桶などにお酢を溜めて、シャワーヘッドをつけて2時間放置したあと洗うだけで綺麗になっちゃいます。

文字黒カビ退治に使うカビ取り洗剤は塩素系なので酢と混ざると危険です。

掃除するときは混ざらないように気をつけてくださいね!

洗面台と壁の隙間の埃はストッキングとハンガーで楽々お掃除

 
洗面台と壁の隙間の微妙〜〜な隙間。

掃除機も入らないし、手も入らないし・・とお掃除のしにくさナンバーワンの箇所じゃないですか?

掃除のしようがないからと、そのまま放置している人もいるかと思います。

 
しかし、そんな隙間の埃を簡単に取り出せるお掃除アイテムが「ワイヤーハンガーとストッキング」の組み合わせです。

組み合わせ方は簡単。

ワイヤーハンガーをひし形に曲げて、ストッキングを上から被せます。

完成イメージとしては金魚すくいで使うポイですね。

 
出来上がったアイテムを隙間の奥から手前にかきだす感じで引き出すと、おもしろいくらいに埃がとれちゃいます!

まとめ

 
以上、世界一受けたい授業で紹介されていた大掃除にむけた簡単お掃除方法でした。

家にあるもので出来ちゃうものばかりなので、すぐにでも実行できそうですよね。

気持ちよく新年を迎えるためにも、らくらくお掃除法で手抜きしつつ大掃除を頑張りましょう!

ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!