妊娠・出産

初詣で妊婦が甘酒を飲んでも大丈夫?アルコールや胎児への影響

初詣に行くと、よく甘酒が配られている光景を目にしますよね。

甘酒といえば『酒』という言葉がついているわりに子どもも飲めるイメージですが、実際のところアルコール分はどうなっているのでしょうか?
 

妊婦
妊婦
甘くて美味しいし、身体が温まるから好きなんだけど甘酒って妊婦も飲んでいいの?

 
なんて疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、甘酒のアルコール分と胎児への影響についてまとめました。

甘酒にアルコールは入っているのか

 
妊婦が甘酒を飲んでも大丈夫かどうかの話をする前に、少しだけ甘酒について話させてください。

甘酒には実は二つの種類が存在します。

ひとつは米麹こめこうじから作られたもの。
 
もうひとつは酒粕さけかすから作られたもの。

 
甘酒にアルコールが入っているかどうかは、原料がどちらなのかによるんです。

米麹が原料の甘酒

 
米麹から作られた甘酒にアルコールは入っていません。

”酒”という漢字がつきますが、米麹が原料の甘酒は完全なるノンアルコール。

右下にアルコール0%って書いてありますよね。(麹と糀の違いはこちら参照)

酒粕が原料の甘酒

 
酒粕から作られた甘酒には微量ながらもアルコールが入っています。

というのも、原料である酒粕自体がアルコール8%だからです。

ただし、甘酒をつくる過程で沸騰させてアルコールをかなり飛ばすため、甘酒として完成する頃にはアルコール度数は1%以下になります。

アルコール度数が1%未満であれば「ノンアルコール」扱いとなり「清涼飲料水」として扱われるそうです。

 
日本の法律はアルコール度数1%未満のものであれば未成年でも飲んでいいということになっています。

だから神社などでは、こどもにも甘酒を配っているわけです。

妊婦が甘酒を飲んだ場合の胎児への影響

 
米麹から作られた甘種に関しては、アルコール0%ですので、妊婦が飲んでもなんの問題もありません。

むしろ米麹でつくられた甘酒は”飲む点滴”と言われるほど疲労回復の効果があるので、普段から飲んでもいいくらいです。
 

ただし、米麹から作られた甘酒は糖質が高いので、妊娠糖尿病の妊婦さんは控えておきましょう。

 
米麹の甘酒が体にいいのに対して

酒粕から作った甘酒は、いくらアルコール度数が1%未満とはいえ飲まないほうがいいでしょう。
 

「妊婦がお酒を飲んでも少量であれば影響はない」

という意見も確かにありますが、妊娠中の飲酒は赤ちゃんが奇形になったり、未発達児として産まれてくるリスクを高めるだけではありません。

 
「胎児性アルコール症候群」といって、胎児の発育が遅れたり脳の発育が不十分で言語や学習に障害を持って産まれるリスクも高めます。

ですから、万が一のことを考えて、酒粕が原料の甘酒は飲むのを控えたほうがいいでしょう。
 

初詣で妊婦が甘酒を飲んでも大丈夫?アルコールと胎児への影響:まとめ

神社
米麹の甘酒は完全ノンアルコール!
むしろ身体に良いので普段から飲むのもおすすめ。

酒粕の甘酒は微量ながらもアルコール入りなので、妊婦は控えたほうが良い。
 

基本的に、神社で配られている甘酒は米麹で作られたものであることが多いです。

しかし絶対ではないので、念のために原料か聞いてから受け取ったほうが安心かと思います。

米麹であれば心配ないので、その場合はぜひ飲んで身体を温めてくださいね。

縁起がいいお賽銭の金額はいくら?【答えは語呂にあった!】毎年参拝する初詣ですが、縁起のいいお賽銭っていくらだろう?と思ったことはありませんか?どうせ参拝するなら、縁起のいい金額を賽銭したいですよね。この記事では縁起のいい金額と避けたほうがいい金額を紹介しています。...
ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!