知識

縁起がいいお賽銭の金額はいくら?【答えは語呂にあった!】

毎年、新年の挨拶として神社や寺院へ行ったさいに、必ずといっていいほど入れるお賽銭。

なんとなくで適当に入れてる人も多いのではないでしょうか。

実は、お賽銭の金額にも縁起のいい金額・悪い金額があるんです。

この記事では、

お賽銭っていくら入れたらいいの?
縁起のいい金額はいくら?
実は縁起の悪い金額ってある?

 
といった疑問にお答えします。

 

縁起がいいと言われているお賽銭の金額は?

どうせお賽銭を入れるなら、縁起のいい金額がいいに決まってますよね。

まずは、縁起がいいと言われているお賽銭の金額から紹介していきます。

基本的には、5円(ご縁)にちなんだ語呂合わせのようです。

5円ご縁がありますように
15円いいご縁がありますように
20円二重にご縁がありますように
21円割り切れない数字なので恋愛継続・夫婦円満に良い
25円二重にご縁がありますように
30円再三ご縁がありますように
40円末広にご縁がありますように
45円終始ご縁がありますように
50円五重の縁がありますように
55円いつでもご縁がありますように。
午後に投げるとご縁がある
105円十分にご縁がありますように
115円いいご縁がありますように
125円十二分にご縁がありますように
485四方八方からご縁がありますように
1万円円万から円満に通ずという意味になる

 
ちなみに1万円などのお札を賽銭するときは、新札を白い封筒に入れて賽銭箱に入れるのが正しいやり方だそうです。

 
なんとなくお賽銭=5円玉ってイメージがありますが、お賽銭のお金は必ずしも5円玉で揃えないといけない、なんてルールはありません。

普通に50円玉・100円玉などと組み合わせて大丈夫です。

 
ただし10円は「遠縁」と言われ、縁から遠ざかるのでやめておきましょう。

縁起の悪いと言われている金額

NG

縁起のいい金額を知ったところで、実は縁起が悪いと言われているお賽銭の金額を紹介します。

10円願い事から遠縁になる
65円ろくなご縁がない
75円なんのご縁もない
85円やっぱりご縁がない
95円これでもご縁がない
500円これ以上の効果(硬化)はない

 
これ以上の硬化はないとか、なに上手いこと言ってんだって感じですが…(笑)

500円は縁起が悪いって言われているようですね。

なんとなくビックリです。
 

えみ
えみ
ワンコインだし、金額的にも大きいので良かれと思って入れてる人もいそう…。

 
10円玉に関しては、5円玉ないしこれでいいか~!って入れた経験のある人も多そうですよね。

そもそもお賽銭を入れる意味は?

賽銭箱

そもそも、お賽銭ってなんで入れるのか知っていますか?

「神様にお願いごとを聞いてもらうため」

と思っている人も多いかもしれませんが、実はお賽銭って神様や仏様への感謝の気持ちを示すものなんです。

おかげさまで、健康に過ごせました!
願い事が成就しました!

 
といった具合ですね。

通貨が出回る前は、金や銀・お米などを奉納していたそうです。
 

そう考えると、お賽銭の金額でご縁がいいとか悪いとかっていうのはゲン担ぎみたいな感じでしょうね。
 

メリー君
メリー君
勝負事の前にかつ丼食べるとか、キットカット食べるとか?
えみ
えみ
そうそう、そんな感じ

 
どうせなら縁起のいい金額が気持ち的にいいですが、過剰に気にしすぎる必要はないかと思います。

大事なのは神様への感謝の気持ちです!

まとめ

  • 迷ったら5円を入れておく
  • 10円玉は避ける

 
この2つを覚えておけば、基本的には大丈夫です。
 

結婚してたり恋人がいるかたは、21円を賽銭して円満を祈ってみてもいいかもしれません。

 
いろんな語呂合わせを知って、今年の初詣はちょっぴりお賽銭の時間が楽しくなる・・かも?

以上、お賽銭に関する豆知識でした!

ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!