恋愛

【女性の本音】ご飯だけのデートはありか無しか|次に繋げるポイント

男性その1
男性その1
気になるあの子とご飯の約束を取り付けたけど、ガッツいてると思われたくないし、ご飯だけで終わらせるべき?
男性その2
男性その2
というか、ご飯だけのデートって正直どうなの?

 
今回は、「ご飯だけのデートについて女性はどう思っているのか?」という疑問について

女目線のリアルな視点でお話しします。

ご飯だけのデートはありかなしか

 
デートといえば、あちこちお出かけしたりするイメージが強いと思いますが「ご飯のみのデート」になることもありますよね。

そんなご飯だけのデートがありか無しか?

という点に関しての答えは"あり"です。

 
むしろ、そのくらいのサクッとしたデートの方が物足りなさを感じてまた会いたいなという気持ちにさせることも。

ただし無条件にご飯だけのデートが良いというわけではありません。

ご飯だけのデートが効果的なのは、2.3回目までの「相手を知るための期間」のデートの間です。

 
もう何回目になるかわからないくらいデートを重ねたのに毎回、食事だけというのは新鮮さが失われマンネリに繋がり、結果としてダメになってしまう可能性があります。

ご飯だけのデートに対する女性の本音

レストランで食事を楽しむカップル
男性は「ご飯だけなんてつまらないのでは?」と思うかもしれませんが、特に初デートは変にガツガツするよりもご飯だけで終わらせたほうが好印象を持たれやすいです。

 
ゆっくりと食事を取りながら会話を楽しめば、お互いを知るいい機会になりますし、一緒にご飯を食べて楽しいかどうかを重視する女性は案外多いもの。

 
またご飯だけのデートは、

  1. 気楽に誘いに乗りやすい
  2. 下心を感じさせない

 
といった点からも女性から好まれます。
 

関係が浅いうちって、相手のことをよく知らないですし、会話を続けなくちゃ…と変に気を遣ったりと楽しい反面、結構気疲れしませんか?

とくに好きな相手には自分を良く見せたいという気持ちが働くものです。

 
女性の場合はメイクや髪型にも気をつかう必要があるため、気心知れた関係であるなら多少は気楽に構えていられますが

そうじゃない場合、メイク崩れや髪の乱れが気になってしまい気が抜けない・・

など疲れてしまう原因に。

 
そういう意味でも、ダラダラと長時間過ごすより夕方に集まってコミュニケーションを楽しみながらご飯を食べて解散という形をとったほうが

 
「疲れたな」という気持ちを感じにくいので、結果としていい印象を残せます。

 
デート終わりに1日を振り返ったとき「楽しかったけど疲れた」と思わせるのか、

「楽しかった、もっと過ごしたかった」と思わせるのかが次に繋がるかどうかの別れ道です。

 
そして2つめの下心を感じさせないという点ですが

「最初から深い関係になってしまったら今後大切にされないのでは?」

と心のどこかで警戒してる女性って結構多いんですよね。

女性の場合、妊娠という身体的リスクがあるため男性よりも慎重になる傾向にあります。

 
なので明らかに遅すぎる時間での集合や、最初から何軒もはしごして飲み歩くようなプランを提案されると一気に警戒モードに入ってしまうわけです。

好きな人に大切にされたいのは、男女問わず当たり前の感情ですよね?

 
だからこそ、真剣な交際を望むのであれば最初の数回のみ"ご飯だけのデート"はオススメなんです。

ある程度デートを重ねた相手とご飯だけで終わらせるのはNG

仲よく手を繋ぐカップル
はじめのデートはご飯のみが好印象だとお話ししましたが、ある程度の時間を共に過ごした相手とデートする場合、ご飯のみで終わらせるのは逆効果です。

 
その理由は、ご飯を食べるだけのデートではスキンシップが不足がちになってしまうから。

カップルがうまく関係を続けていくためには、ほどよいスキンシップが大切です。

毎回ご飯を食べて別れるばかりだと、次第に物足りなさが不満に代わり
 

いつもご飯食べたらさっさと帰るけど、これって本当にデート?もしかして、ただのメシ友と思われてる?

 
といった具合に、2人の関係性に対して疑心ぎしんが浮かんでしまうのです。

 
これが学生同士の付き合いであれば、

ちょっとした買い食いをしながら帰るだけでも想い出として残りますが、社会人になってお金にも余裕が出てきた年齢になると
 

毎回ご飯だけ食べて帰るのは、もしかして他に女がいるんじゃないの?

 
などと勘ぐられて上手くいかなくなってしまうパターンも考えられます。

また、ご飯だけのデートはお互いのいろんな一面が見られないというのも関係がマンネリ化する原因のひとつ。

 
ご飯デートを重ねれば、相手の好き嫌いや美味しそうに食べる顔などは見れるかもしれませんが

映画館で感動ものを観て涙を流したり、水族館で変な魚を見つけてはしゃいだり・・

といった、相手のいろんな姿を食事だけで見ることはできません。

 
多少ミステリアスな部分がある人には惹かれますが、ミステリアスなのと知らないことだらけなのは話が違ってきますよね?

以上が、回数を重ねた相手とのデートで「ご飯のみ」をオススメしない理由です。

ご飯デートをするときのお店の選び方

 
「ご飯に誘ったけど、何を食べさせたらいいかわからない!」という話をよく聞きますが

これって実際、ただのコミュニケーション不足なんですよね。

 
エスコートしなきゃ!

という思いが強いのかもしれませんが、そもそも食事の場所をひとりで決める必要なんてないんです。

 
だからと言って「何食べたい?」と丸投げするのはよくありませんが・・
 

基本的なお店の決め方は、相手のアレルギーや苦手なものを聞いた上で、2.3種類の提案をすれば大丈夫です。

 
「肉と魚どっちが食べたい?」とか。

他には「気になってるお店とかある?」という聞き方もベストですね。
 

そういったやり取りができれば、ご飯のジャンル選びで困ることはまずありません。

ご飯のジャンルが決まったら、次は店選びです。

店選びには3つのポイントがあります。

1.なるべく個室を選ぶ

落ち着いた個室のお店
食事中は、ゆったりと会話しながらお互いを知るいい機会です。

ですが、二人がどんなにいい雰囲気だったとしても隣の席で「うぇ〜い」してる学生集団がいたらどうですか?

 
雰囲気ぶち壊しですよね(笑)

なので食事デートのさいは、なるべく個室のあるお店を選びましょう。

もしくは落ち着いた雰囲気のお店がおすすめです。

ひとり〜5000円程度のお店にする

 
お高くておしゃれな料理は喜ばれますが、次のハードルがどうしても高くなってしまいがち。

高すぎず安すぎず、な印象を受けるひとり5000円の範囲で探してみてください。
 

高級なお店は記念日やイベントの日など、特別な日に取っておきましょう。

異国籍料理は避ける

 
好みのわからないうちに異国籍料理を選ぶのはやめましょう。

好き嫌いがわかれるので、せっかくのデートが失敗に終わってしまう可能性もあります。

ご飯デートのときに気をつけるポイント

店員への横暴な態度は取らない

 
これは本当に重要です。

なぜか女性の前だと気が大きくなって店員に偉そうな態度を取る人がいますが、幻滅されて終わるので絶対にやめましょう。

店員さんを「おい」と呼びつける姿を「かっこいい!」なんて思う女性はいません。

飲み過ぎは控える

ぶどうとワイン
ある程度の関係を築いた上で、酔っ払った姿をみせるのはまだ良いですが、それも家などでの話。

特に、いい歳した大人が外で右も左もわからないくらいベロベロに酔っ払う姿はみっともないです。

 
楽しくてついお酒がすすんでしまう気持ちもわかりますが、軽くたしなむ程度にしておきましょう。

お箸の持ち方や食事中のマナーを守る

 
お箸の持ち方…

案外、チェックされてますよ。

完璧であれとは言いませんが、明らかにおかしな持ち方は直しましょう。

口の中に食べ物が入ったまましゃべる、クチャクチャ音を立てるなどの癖がある人は改善すべきです。

次のデートへの繋ぎ方

 
デートのあとは、アフターフォローを忘れずに。

まだ余韻が残ってるうちに「楽しかった」という気持ちを伝えましょう。

次のデートの約束は、別れぎわや別れたあとのやり取りで「次は○○に行かない?」と提案してみるのが一番スムーズに進みます。

まとめ

 
結局のところ、ご飯だけのデートがありなのかどうかについては2.3回目までのデートならおすすめですが

ある程度の関係になったらご飯だけのデートはやめて、外出をメインにするのが良いと思います。

 
もちろん、恋愛に絶対はないので二人が良いのであれば毎回サクッとご飯だけで終わらせるのも間違いではありません。

お互いの関係性を踏まえたうえで、お互いが楽しめるデートプランを組んでくださいね!

ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!