恋愛

初詣デートプランの立て方|おすすめの時間帯や全体的な流れ、注意点を紹介

初詣デートのプランの立て方

新年の行事といえば、初詣。
家族や友人と過ごすのもいいけれど、せっかくなら好きな人や恋人と新しい年を祝いたいですよね。

今回の記事では、初詣デートプランの立て方やおすすめの内容を紹介します。

デートに失敗しないための注意点も紹介するので、参考にしてください。

初詣デートのプラン!全体的な流れを紹介

手をつないでデートする男女
 
まずは初詣デートに行くおすすめの時間帯や、全体的な流れを紹介します。

初詣デートのおすすめプランは2人がカップルか、付き合う前か、何度目のデートかで違います。
それぞれのパターンに合わせて微調整してくださいね。

初詣デートはいつまで?何日までか決まりはある?

 
結論から言うと、絶対にこの日までという決まりはありません。

1月7日の松の内までがいいとか、1月中なら大丈夫とか言われることはありますが、常識的な意味での決まりはないです。

 
なので、基本的にはお互いの都合がつく日で問題はありません。

ただ日にちが経てばたつほど、初詣感は薄れてしまいます。

特別感を大切にしたいなら大みそかの夜~朝にかけて」や「元旦がおすすめです。

とはいえ仕事がある人や、正月は家族で過ごすことが決まっている人も中にはいます。
その場合は、三が日をめどに誘ってみましょう。

えみ
えみ
決まりはないのでいつでもいいのですが、事情がない限りは1月前半までに済ませるのがベスト!

初詣デートにおすすめな時間帯は朝

初詣デートは朝がおすすめ
 
初詣デートに行くなら朝がおすすめです。

具体的な理由としては、

  • 空気がおいしい
  • 混み具合が比較的マシ
  • お昼ごはんを一緒に食べやすい

 
ということが挙げられます。

初詣は、どうしたって混むのは避けられません。
ですが朝の時間帯であれば、比較的マシなことが多いです。

えみ
えみ
10時を過ぎると増えてくるので、それより早い時間がおすすめ!

また朝に行った場合、参拝を終えるころにはランチにちょうどいい時間帯になっています。

ご飯までどうしようか?と頭を悩ませることなく、自然と一緒に食事する流れを作れるので朝からが初詣デートに持ってこいです。
 

付き合ってるカップルなら「大晦日の夜」からもおすすめ

 
付き合ってるカップルや、もう何度もデートを重ねている男女なら大晦日の夜から朝にかけて初詣デートするのもおすすめです。

新年に変わる瞬間を、一緒にカウントダウンすれば心に残ること間違いなし!
盛り上がり度はもっとも高いといえます。
 

えみ
えみ
カウントダウンができるのは1年に1度。
大晦日だけだから、特別感もUPです!

 

ただし、初デートで大晦日を選ぶのはやめておきましょう。
グループならまだしも、2人きりでの大晦日デートは控えめに言って重いです。

初詣デートのプランでやりたいこと4つ

 
初詣デートで参拝するのはもちろんですが、「それ以外って何をしたらいいんだろう?」と悩んでしまう人も多いと思います。

ここでは、初詣デートでやってほしいことを4つ紹介するので参考にしてください。

おそろいのお守りを購入する

 
せっかく初詣デートに行くなら、お揃いのお守りを購入するのがおすすめです。

お守りはお土産屋さんなどでも購入できますが、神社やお寺に参拝したあとに買うお守りは何倍もご利益が感じられます。
お互いに贈りあうのも、カップルらしい楽しみ方の1つ。
 

神社やお寺によっては、オーダーメイドのお守りを作ってくれる場所もあります。
そういった神社仏閣を探して訪れてみるのも、いい思い出になると思いますよ。
 

メリー君
メリー君
世界に一つだけって特別感がすごい!

運試しでおみくじに挑戦

 
初詣の醍醐味ともいえるのがおみくじです。
一緒に引けば会話のネタにもなり、盛り上がります。

ただしカップルで引くと、どちらか一方だけが凶などを引いてしまう可能性も。

気持ち的にガクーッと落ちてしまいますが、逆に”凶を引けるのは強運の持ち主”だという意見もあるため、あまり結果に左右されすぎないようにしましょう。

どうしても気になるようなら、後日パワースポットデートに繋げる手もあります。

絵馬を書いて今年の目標を語り合う

 

新年にむけて立てた抱負を絵馬に書くのもおすすめです。
お互いの目標を語り合うきっかけにもなり、宣言することで叶えなきゃ!とより努力します。

「今年も仲良く過ごせますように」といったカップルらしい内容も、お互いの気持ちを確認しあういい機会になりますよ。
 

スポンサーリンク

初詣のデートプランを考えるとき注意したい5つのこと

カップル

注意点その1:混雑は当たり前!防寒対策をしっかりと行う

 
初詣で神社やお寺が混むのは当たり前です。

見栄えを大切にしたい気持ちもわかりますが、しっかりと防寒対策をして行きましょう。
初詣では寒空の下で1時間…なんてことも普通なので、ちょっと暑いかな?くらいがちょうどいいです。
 

どうしても見た目が気になる!という人はヒートテックを着る、背中にカイロを貼るなどの工夫だけでも違います。
 

えみ
えみ
首と背中は絶対に対策しよう!

 

初詣デートを楽しく過ごせても、後日熱を出してしまったら相手は気にします。
貴重な正月を風邪でつぶさないように、しっかりと防寒対策して行ってくださいね。

スポンサーリンク

注意点その2:待ち時間にイライラしない

 
どうしても待つのが苦手…という人は、地元の小さな神社やお寺に行く・三が日が過ぎてから行くなどの工夫をしましょう。

混雑しているからといって、イライラした姿を見せては百年の恋も冷めます。
「待ってるのはみんな一緒」「恋人とゆっくり話せる時間」だと思ってゆっくりと深呼吸すれば、自然といら立ちも消えるはずです。

注意点その3:お互いの宗教を把握しておく

 
ほとんどの日本人は気にする必要がありませんが、中には宗教上の関係で神社に入れない人もいます。

あらかじめ、ある程度お互いの宗教について把握しておけばトラブルを避けられます。

注意点その4:歩きやすい恰好を心がける

 
お寺や神社は、砂利道であることが多いです。
女性はヒールの細い靴をさけ、ムートンブーツなどの歩きやすい靴で行きましょう。

男性も革靴を履いていくと傷ついてしまう可能性があります。
なので当日は、スニーカーなどがおすすめです。

注意点その5:はぐれたときの待ち合わせ場所を決めておく

 
多くの人が神社やお寺に集まるため、非常に混雑します。
スマホですぐ連絡を取れるから大丈夫と思うかもしれませんが、混雑している場所では電波状態が悪くなる可能性も。

スマホを落としても気付きにくいため、あらかじめはぐれたときの集合場所を決めておけば安心です。

背の高い建物や、特徴的な建物などを目印にしておけば迷わずたどりつけるでしょう。

注意点その6:参拝のマナーを学んでおく

 
神社やお寺に限った話ではありませんが、だいたいの場所にはルールがあります。

お賽銭の金額、お祈りの作法など基本的なマナーは押さえておきましょう。

将来的にも覚えて損はありません。

まとめ

 
初詣デートの最適なプランは2人の関係性のよっても変化します。

紹介した内容を参考に、2人がいちばん楽しめるプランを考えてくださいね!

初詣デートのプランの立て方
【初詣デート】は「付き合う前」こそ行くべき5つの理由。誘い方や注意点も!新年の始まりから好きな人と過ごしたい…だけど、付き合ってないのに初詣に誘うのはあり?と悩んでいるそこのあなた。初詣デートは実は付き合う前の男女にこそピッタリのデートプランなんです。その理由を説明します。...
ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!