3年A組

『3年A組』4話のネタバレとあらすじ|甲斐と景山の秘密とは?

3年A組4話のネタバレとあらすじと書かれた黒板

『3年A組』4話のあらすじ

 
第3話で柊一颯から挑戦を受けて立ち、フェイク動画を撮影した犯人を2人まで絞りこむことに成功したものの、

最後の最後で柊一颯とグルである内通者に踊らされ、答えをあやまってしまった郡司真人刑事。
 
代償として生徒5名の命が奪われ、その責任を追及されて郡司刑事は捜査を外されてしまう。
 

また、景山澪奈のドーピング疑惑の原因となったフェイク動画を撮影した真犯人・里見海斗(鈴木仁)は、撮影したのは自分だが加工はしていないと主張。

柊一颯は”里見海斗に景山澪奈の盗撮をするよう持ち掛けた人物”に名乗り出るよう呼びかける。

そこで手を挙げたのはクラスの不良代表、甲斐隼人(片寄涼太)だった。

 
しかし、柊一颯はフェイク動画に使われた合成がとても精巧せいこうだったことから甲斐の裏に本当の黒幕がいるはずだと迫るが頑なに口を割ろうとしない。

その頃、捜査を外された郡司真人は無許可の違法ガールズバーの男性店長を聴収していた。

映像を撮影しているカメラ
『3年A組』3話のあらすじ・ネタバレ・考察|柊一颯と郡司刑事の戦い『3年A組―今から皆さんは人質です―』第3話が放送されました。 2話の最後では、3年A組の生徒を名乗る内通者がマインドボイスに...
3年A出演キャストまとめ
【3年A組】原作情報と人質生徒・その他出演キャストまとめ菅田将暉、永野芽郁が主演と話題の【3年A組-今から皆さんは人質です-】について原作はあるか・出演者についてまとめまています。...

『3年A組』の見逃し配信はHuluがおすすめ

 
3年A組の見逃し配信には2週間無料トライアルがあるHuluがおすすめです。

たった3分間の会員登録で5万本以上の映画・ドラマ・アニメがいつでも、どこでもすべて見放題!

追加料金などは一切かかりません。

気に入らなければトライアル期間中に解約することで、完全無料で動画を楽しめます♪
 

 

2019年冬ドラマは他にも

『イノセンス-冤罪弁護士-』『家売るオンナの逆襲』などが見逃し配信されています♪

『3年A組』4話のネタバレと感想

 
ここから先は3年A組・4話のネタバレを含みます。

まだ見ていないかたでネタバレを知りたくないかたはご注意ください。

待望の教師役を演じている3Aを、現役教師のかたにみていただけたみたいで嬉しそうです。

殺された生徒たちは生きていた

 
3年A組の第1話で最初の犠牲者となった中尾連(三船海斗)は生きていました。

ナイフで刺し殺したように見せかけたトリックは、中尾を気絶させたすきに柊一颯が胸元へ血のりを仕込み、刺し殺されたように見せかけるといったもの。

3話犠牲ぎせいとなったはずの5人の生徒たちも柊一颯が美術室を爆破して殺害したようにみせかけただけで、実際は美術室の地下にある空間に閉じ込められていました。

 
夜、教室で眠りにつこうとしていたさくらは死んだはずの里美の声が聞こえた!と宇佐美を起こしますが、夢だと取り合ってもらえません。
 

メリー君
メリー君
いつの間にか隣り合わせで寝るくらい仲良しになってて笑った

新たな対立

 
監禁され、お風呂に入れずにいる生徒たち。

朝食の時間に小宮山愛華(日々美思)が魚住華(富田望生)に対して「くさい」と言ったことから女子の間で新たな対立が始まります。

メリー君
メリー君
”華”同士なかよくしようぜ~

 
一発触発しそうな女子に対し「風呂に入ってないのはみんな同じだ」と一喝した須永賢(吉川毅)に『わたしに惚れてるんだ』と勘違いする魚住華。
 

えみ
えみ
これはこれで問題な気がするw

 
隣で一緒に見てた旦那が「こわい・・」ってつぶやいてましたw

4日目の課題は動画を撮影するよう指示した黒幕探し

 
柊一颯の『今日の俺の授業』内容は、景山澪奈(上白石萌歌)をおとしいれるための動画を撮るよう指示した人物を暴くこと。

いつもと同じく「手を挙げて~~」と呼びかける柊一颯に、今回はあっさり甲斐隼人が挙手。

えみ
えみ
おっ、早期解決?

しかし、フェイク動画の作りが精巧だったことから素人には無理だと判断し、本当の黒幕を吐くよう柊一颯は迫りますが、甲斐は重く口を閉ざしたままだんまりを決め込みます。
 

そんな甲斐に「夜8時までに真実を明らかにしないと10人を殺す」と宣言し、柊一颯は教室から立ち去りました。

甲斐の抱える家庭事情

 
郡司刑事が答えをあやまり、生徒5名が犠牲になったという情報に保護者が警察を責めたてます。

そこへ甲斐の弟・妹を名乗るこどもが「お母さんの世話をしてくれる先生は誰?」と訪ねてきました。

話を聞いてみると甲斐の母親は体が不自由で自分で動くことができず、甲斐が世話をしていたそうですが

甲斐が人質になってしまったので”代わりに世話をしてくれる先生をよこす”と誰かから連絡があったというのです。

えみ
えみ
甲斐くん介護してたのか・・

甲斐の家庭事情を知らなかった先生たちは驚き「いったい誰が電話を?」と首をかしげます。

メリー君
メリー君
柊先生が電話したんだろうな・・
つっこむべきか悩んだけど、今までの3日間はどうしてたんだろうw

その傍らで捜査一課理事官である五十嵐徹(大友康平)は、ひっそりと一颯に電話をかけ体調を心配します。

やはり柊一颯は何らかの病気なんでしょうね・・

正体不明の半グレ集団『ベルムズ』

 
郡司真人が3日目の課題の答えを間違えたせいで、生徒5名が犠牲になったことから

魁皇高校かいおうこうこうの捜査を外され、違法ガールズバーの男性店長を取り調べていました。
 

そのガールズバーがあるのは正体不明の半グレ集団”ベルムズ”が取りしきる区域。

郡司刑事は店長とベルムズの関与を追及しますが「無許可だからバレずにすんだんですかね」と店長はすっとぼけます。

警察はベルムズを追っていますが、正体不明で一部の人間しかトップを知らないためしっぽを掴めずにいました。

 
自分の携帯電話を返してもらうため郡司刑事をたずねた相楽文香は「一颯が立てこもっていつのは自分のせいかもしれない」と切り出し郡司は詳しく話を聞こうとしますが

そこへ父親が現れ「娘にかかわらない約束で携帯を貸したはずだ」と郡司に言い放ち、文香を連れ帰ります。

 
警察署をあとにする直前で郡司の部下、宮城が放ったベルムズという言葉に文香が反応するのを郡司刑事は見逃しませんでした。

相楽文香は過去にベルムズの事件に巻き込まれた?

 
過去に一颯が撮影したと思われる文香の動画に切り替わり、一颯の声で「これは証言として録画しているから」という音声が入ります。

「犯人に心当たりは?」とたずねる一颯に「ベルムズ」と答えた文香。

文香は過去になんらかの形でベルムズとの事件にかかわっていそうですね。

教師という立場上、ベルムズと関わった生徒をなんとかしようと首をつっこんだ結果、巻き込まれたのではないでしょうか。

甲斐と景山澪奈の関係

 
一颯が甲斐の起こした傷害事件も関係していると発言していたことを思い出した宇佐美が

さくらと逢沢に廊下でふたりに今回のことと関係があるのでは?と話す。

 
景山のドキュメンタリー動画を撮っていた逢沢の証言で甲斐がさらわれそうになった景山澪奈を助けたことで起きた傷害事件だと知ったさくらは甲斐に感謝の言葉をつげます。

 
そんな甲斐が澪奈を傷つけるわけがない、事情があるなら話してほしい

と頼むさくらに「何も知らないくせに」とつっぱね教室を出ていく甲斐。

 
諏訪たちがまたもや、誰かが死んだらお前のせいとさくらを責めたことに「あんたたちより、よっぽど頑張ってる」と怒った魚住と河合はさくらと宇佐美に謝り、協力すると歩み寄りました。

甲斐の背景を知る

 
3年C組担当の森崎先生(堀田茜)と坪井勝(神尾佑)が甲斐の自宅へ向かい、体を動かせない母親のかわりに世話をします。

そこで2人は甲斐がダンスで世界一になるのを夢見ていた

母親が1年前に交通事故で脊椎損傷し、寝たきりになってしまったのが原因で

母子家庭だった甲斐はダンスをあきらめて学校に通いながら一家のために働き始めたことを知ります。

 
お金に困っていた甲斐に、ダンス仲間が「景山澪奈に会わせて欲しいと先輩に頼まれた、握手するだけでいい」という誘いを持ちかけます。

一度は断った甲斐ですが、お礼に20万渡すと聞かされ誘いに乗ってしまいました。

しかし、その先輩というのがベルムズのボス、Kだったのです。

そんなことは知らない甲斐は「会って握手するだけでいいから」と指定された集合場所に景山を連れていきます。

 
そこに現れた1台のワゴン車と、中から出てきたガラの悪い人たちが景山をさらおうとしたことに「話が違う!」と乱闘になった甲斐。

それが過去に甲斐がおこした傷害事件の真相でした。

甲斐と柊一颯の真剣勝負

 
一颯の不調を見抜いた甲斐は、1対1の勝負を挑みます。

負けたらすべてを話す。勝ったら全員を解放しろと条件をつける甲斐と、それに乗った一颯。

勝負の直前に、こっそり一颯は郡司刑事に電話をかけ通話中にしたまま甲斐との勝負をはじめます。

戦いのさなかで一颯は甲斐に金に目がくらんで景山を引き渡したことや家族のことなど、知っている情報を次々と言い揺さぶりをかけます。

 
本当はうすうす握手だけでは済まないことを感じていたのではないか?

景山がひどい目にあうと気づいていながら、それでもいいと思ったから引き受けたんじゃないのか?

目の前でさらわれるのは気が引けたが、他人が撮った動画をアップするくらいなら構わないと思ったんじゃないのか?

 
とさらに追い打ちをかける一颯。
 

「お前に何がわかる!!」と悲痛な声で叫びながら、殴りかかる甲斐に

「お前は夢に生きる景山に嫉妬していたんじゃないのか?」と一颯が図星をつきます。

 
なんのしがらみもなく夢にむかえる景山が妬ましかったことを認めた甲斐に、一颯は「お前がダンスをやめなくちゃいけなかったのはお前が何もしなかったせいだ」と言い放ちます。

抱いた悩み・苦しみを誰かにぶつけてすがらなかったことが原因だという一颯の言葉に

すがって何になる?誰が助けてくれる?見捨てられるのがオチじゃないか

と反論した甲斐に、石倉光多(佐久本宝)が「友だちと思ってたのに、どうして言ってくれなかったんだ」とキレました。

 
金は工面できなかったかもしれない

それでも、弟たちの面倒くらいは俺たちだって見れた!助けになれたはずなのに…

と訴えかけます。

えみ
えみ
ちょっとこのシーンにはうるっとしちゃいました…

 
必至にすがってもダメなときもある。

だけど、甲斐にはチャンスがあったはずなのにひとりで抱えこんで気付かなかったのが事件を引き起こす原因になったんだと一颯は諭します。

 
景山のためにも真実を話せと言う一颯に、真実を話したら家族がどんな目に合うかわからないと涙を流す甲斐。

俺を信じろという一颯に、生徒を殺すような教師を信じれるわけがないと反論していたところへ

さくらが勝負の最中に美術室へ行き、殺されたはずの生徒の無事を確認した。だから信じていいと伝えます。

それでも

「一人の教師にどうこうできる問題じゃない」

とためらう甲斐に「ベルムズのKに言われたんだろ?」と決定的な一言を放った一颯。

 
改めて「俺が必ず何とかする」といった一颯の言葉に、ついに甲斐がベルムズのKの正体は”きしまさおみ”という男でアジトはガールズバーだと明かします。

電話ごしに話を聞いていた郡司がきしを逮捕する

 
ベルムズのKの正体は、郡司刑事が聴収をしていたガールズバーの男でした。

電話越しにすべてを聞いていた郡司刑事が、ガールズバーの奥にある隠し扉を暴いて一味を一網打尽にし、喜志正臣を逮捕します。

メリー君
メリー君
群司刑事の「はい、逮捕」が棒読みすぎて笑ったw

3年A組にベルムズのKの彼女が?

 
甲斐の母親は、学年主任である佐久間現(バッファロー吾郎A)の実家が経営する介護施設でみてもらえることになりました。

一件落着かと思いましたが、ひとりだけ様子のおかしい生徒が…。

 
「まさおみが…」とつぶやきながら手に持ったペンダントを握りしめる諏訪。

それはきしが首につけていたペンダントと同じものでした。

えみ
えみ
まさかの彼女!?

しかし、そんな諏訪の様子に誰も気づかず

殺されたはずの生徒はどこにいるのかとクラスメイトが一颯を取り囲みます。

「すべてを打ち明けよう」

と何かを語ろうとした瞬間、苦悶くもんの表情を浮かべた一颯は倒れ、さくらの呼びかけにも応えませんでした。

『3年A組』4話まとめ

 
なんだかボリュームいっぱいだった3年A組の第4話を箇条書きでまとめてみようと思います。

  • 半グレ集団『ベルムズ』のKにお金を渡された甲斐が、里美に動画を撮るよう持ちかけた
  • ベルムズのKの正体は違法ガールズバーの店長きしまさおみだと発覚し、郡司刑事が逮捕
  • 生徒は全員無事だとさくらによって確認される
  • 諏訪はきしの彼女(ほぼ確定)
  • 真実を明かそうとした柊一颯が倒れる

 
これで一部…と思うと本当の黒幕はかなり巨大な人物に思えてきますね。

5話は諏訪と柊一颯の戦いとなるのでしょうか?

予告動画から、生徒が一颯と協力体制になりそうな様子が感じられたので真相解明にむけてさらに物語が進展しそうな予感です!

ABOUT ME
えみ
えみ
九州在住。小学生と新生児を育児中の専業主婦。文章を書くことと、海外ドラマ、おいしいものが大好物!